革新的な技術

  • 結婚式での装い

      傘をさしている女性

      結婚式などでは、少しかしこまったフォーマルなデザインのドレスや、留袖や振袖の和装がマナーとなっています。和装のレンタルは普段から和装をしない人にとって大変便利なサービスとなっているのです。

      Read more

  • レンタル可能な和装

       ピンクの着物

      レンタルする和装の種類は様々で振袖から留袖だけでなく、おしゃれ着である訪問着などの種類も豊富に取り揃えているのも便利な点となっています。イベントなどで使用する着物も違うので所持していないものをレンタルすることが出来ます。

      Read more

  • フルセットで借りる

       振り袖の後ろ姿

      多くの和装レンタル業者の場合は、着物から帯などの着物を着る際に必要なセットをすべて貸してくれます。もちろん振袖や留袖だけ、帯だけを借りたいという場合も対応しているので、場面に合わせて利用することが出来ます。

      Read more

  • ブランド着物も

       扇をもつ男性

      和装を借りる際にはブランド着物を購入ではなくレンタルすることが出来るのが一つのポイントでもあります。振袖や留袖などの着物は持っていても利用する機会はかなり少ないので、レンタルを利用する人も非常に多いのです。

      Read more

和装とは

水色の着物

豊富なカラーバリエーションを用意しています。振袖を大阪のお店で選びましょう。立ち居振る舞いを極めれば大人女子になれます。

豊富なカラーバリエーションを用意しています。振袖を大阪のお店で選びましょう。立ち居振る舞いを極めれば大人女子になれます。
昔の日本は和装だったので、振袖や留袖などを数多く所持していましたが、現在の日本は西洋化が進み洋服を身につけることが多くなりました。
しかし、結婚式などのあらたまった場は今でも留袖や振袖などを纏う機会が今でもあります。
着物を所持している方は所持している留袖などを着ることが出来ますが、現在では留袖などを所持していない方も多いので、和装のレンタルなどを利用している方も少なくありません。
日本の文化として和装は残っていますが、日常的に着る機会がないので所持している家庭は少なくなっています。
近年では着物を着る方が少なくなったため、着物の基本的な知識を持っていない方も多くなっています。
しかし、着物には様々な種類があり着用する場などが決まっている場合やマナーがあるということを知っておく必要があります。
ここでは、もっとも使用する機会の多い留袖と振袖についての基礎知識をご紹介します。
留袖の最も特徴的な部分が裾の部分である褄の部分にだけ柄が入っていることが特徴となっています。
この褄だけに模様が入っていること以外にも振袖などに比べて袖の振りが小さいということが留袖の特徴となっています。
振袖の長い袖は未婚の女性が好きな男性への愛情を現すために使用するものでしたが、結婚し妻となった場合は好きな異性へのアピールも自然と必要なくなるので、袖を留めることから留袖となります。
女性の年齢や既婚者どうかの判断も留袖か振袖かで判断が出来ます。
また、袖を留める際に袖を落とすや切るといった表現をすると、縁を切るなどにつながることから留めるという表現を使用することが一般的です。
近年では成人式などの際の女性の装いとして知られていますが、この振袖は若い未婚の女性のみが着ることを許されたもので、留袖などの袖の短いものに比べるとかなり長い袖が特徴となっています。
柄も着物全体に描かれていて、華やかなのも特徴的で、若しく美しい女性が着用する格式の高い着物として分類されています。
長い袖は袖の丈により名称が異なり、袖の大きなものは大振り袖と呼ばれており、袖の長さが100cmを超えます。
また、最も短い振袖を小振袖と呼びます。大振袖と小振袖の中間に位置するのが中振袖となっています。
若い方が着る和装の最高位にあるので、着る機会はかなり限られてきますが今でも多くの行事で纏うことの出来る和装となっています。
成人式などでのレンタルが有名で、多くの方が利用される機会の多い和装の一種としての認識が強い華やかな和装です。
現在では、和装の格式が昔よりも高くなっていて、特別な行事以外では着る方が少なくなってしまいました。
また、着物はなれない方が着用すると着用に時間がかかってしまったり、着用の仕方すらわからないという方も少なくありません。
なので、和装である留袖などを気軽に着るという感覚はかなり薄れてきています。
留袖などの和装をレンタル出来る業者は多くが着付けなども行なってくれる場合が多いのでとても便利です。
和装を気軽にレンタル出来るように様々なサービスを行なっているので、重要な行事だけでなく日常的に留袖や訪問着などの和装をレンタルして楽しむことが出来るようになっています。
留袖は格式の高い和装なので、あまり着る機会はありませんが和装が一般的だった時代では普段着として扱われていたということを知っておきましょう。